中古パソコンを買ってからしておきたいチェックと設定は?


こんにちは!Roadです!
中古パソコン選び順調ですか?^^
今回は、中古パソコンを買ってからぜひしておきたいことをご紹介します。
これをしないとトラブルや後悔のもとに…。

ていうか、Roadもやっていることのなので必見ですよ。
では、いってみましょう♪


中古パソコンを買ってからしておきたいこと

外観・動作のチェック

まずしておきたいことは、外観や動作のチェックです。
保証期間が終わる前に、故障やその前兆をチェックしておきましょう。
チェックしておきたいのは、次の箇所ですよ。

外傷のチェック

中古パソコンの外観をチェックしましょう。
中古なので、小さな擦り傷は仕方ないです。
大きな傷、特にこれって落とした傷なんじゃなない?ってやつは要注意です。
中身にもダメージがある可能性があります。

各端子のチェック

中古パソコンの端子のチェックをしましょう。
パソコンにはいろんな端子がありますが、ご自宅にあるゲーブルで試せる端子は全て試してみてください。
モニター出力端子・LAN端子・USB端子・電源端子・SDカードスロットは特によく使うと思うので、要チェックですよ。

ハードディスクのチェック

次はハードディスクのチェックです。
保証期間前にハードディスクの故障を見つけて保証を効くようにするという意味もありますが、今回はちょっと違います。
ハードディスクは、物理的な機械だったりするので、故障しやすいパーツです。
そうなると、Windowsそのものも起動しなくなる可能性もあります。
最悪、自分のデータも取り出せなくなります。
※僕はハードディスクの復旧で15万円払ったことがあります(笑)

チェックの方法がわからない?
そうですね、無料のハードディスクチェックソフトを使いましょう。
CrystalDiskInfo(クリスタル・ディスク・インフォ)というソフトがオススメです。

DVD・CDドライブのチェック

CDやDVDのドライブがある場合は、チェックしてみましょう。
読み込みができないと、ソフトのインストールができないことがありますよ。
また、書き込みができるドライブの場合はも、書き込みもしてみましょう。
意外と自分のパソコンでCDやDVDの書き込みができるのか知らないことがあるので、この際チェックしておきましょ。

インターネットの接続と設定

インターネットの接続と設定をしましょう。
接続は、インターネットのルーター※1とパソコンを接続します。
無線LANがある場合は、無線LANで。
ない場合は、LANケーブルで繋ぎます。
設定は、LANケーブルで繋ぐ場合は、特に必要ないと思います。
無線LANの場合は、SSIDやパスワードを入力する必要があります。※2

(※1)ルーター:ネットの回線を契約した時にマシンを借りませんでしたか?それがルーターなハズです。インターネットの回線をパソコンで利用可能にする機器ですよ。まぁ、難しくかんがえずに、これがないとパソコンでインターネットができないよってことです。最近は、無線LANの機能がついたルーターもありますよ。
(※2)無線LANの設定を無線LAN親機のボタンを押すだけでできるタイプもありますよ。

セキュリティーソフトのインストール

セキュリティーソフトをインストールしましょう。
パソコンにインターネットをつなぐのなら必ずしましょう。
あなたのパソコンがウィルスに感染するのを防いだり、個人情報を保護したりしてくれます。
ないとかなりマズイですよ。

Windowsの設定

Windowsの設定をしましよう。
…といっても、OSやその個人個人によって違うので一概には解説できませんが…。
パソコンを使ってみて必要なければ、設定は特に必要ないのかもしれません。

今回のまとめ!

今回は、中古パソコンを買ってからしておきたいことをまとめてみました。
いかがでしたか?
中古パソコンを買ったら、このページを思い出してくださいね!(笑)

では、また♪


管理人Roadの欲しい中古パソコン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク