今ならパソコン市場が新生活応援セール!1年間保証も!

【中古パソコン市場】LIFEBOOK A573/Gのスペックをチェックしてみる【15インチノート】

前回の記事の中古パソコンともう一つ気になったのが、このLIFEBOOK A573G。

目次

スペックを見てみる

それではこのLIFEBOOKのスペックをチェックしてみましょう。

気になる項目をチェックしてみる!

それでは、気になった項目をチェックして解説してみますよ。

CPU:Intel Core i3 3120M 2.6 GHz

このLIFEBOOKのCPUはi3。Core iシリーズでは一番下のラインナップなのでCPUの速度は期待しないほうがいいでしょう。
とはいえ最初の方やライトな作業ではそこそこ快適だと思います。

Core i3 3120は第3世代※のCPUで2コア4スレッドです。なのでCPU的には4つの事を同時にできます。
ユーザー的には意識しなくていいのですが。

※ちなみに2020年現在の最新は第10世代です。→インテルのスペックページ

メモリー:4 GB (※最大16GB)

メモリーは4GB。少ない!(笑)
今の御時世、最低で8GB欲しいです。たぶんすぐにメモリーが足りなくなって処理が遅くなることでしょう。

処理が遅くても構わないのんびり屋さんならいいですが、普通は遅いと感じるはずです。

記憶容量:HDD 320 GB

ハードディスクで320GBという容量は中古パソコンとしては多いですね。
容量的にはネットやOfficeくらいならいいです。

できればSSDがいいなぁ。なんてったって速いですからねぇ。
CPUが遅くてもフォローできるくらい。

表示能力:15.6 インチ HD FWXGA (1366×768)

15.6インチの液晶なので大きめです。A4用紙くらいかな?
けど、解像度が1366×768なので不満です。
どうして中古パソコンって解像度が低いのが多いのかな?

光学ドライブ:DVD スーパーマルチ

前のVarsaProと違いこちらはDVDスーパーマルチ。CDやDVDの読み込みだけでなく書き込みもできるんです。

ネットワーク:有線:○ / 無線:○ 無線LAN子機付き

ネットワーク関連はあのVarsaProと同じですね。
有線LAN接続も無線LAN接続もできます。

ただし、無線LANは付属の無線LAN子機になるのでUSB端子が一つ潰れます。

発売時期:2013年4月

発売時期もあのVarsaProと一緒です。
しかも1ヶ月差(笑)

基本的な基礎体力はどっこいどっこいでしょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次