今ならパソコン市場が新生活応援セール!1年間保証も!

【予算5万円】Web制作に中古パソコンはいかが?【選び方も】

どうも、こんにちは!
中古パソコン楽しんでいますか?

なになに?中古パソコンWeb制作してみたい?
なかなかいい選択だとおもいますよ。
結論から言うとぜんぜん大丈夫だし、使い方です。

というわけで、この記事ではまずはこの3つについてお伝えします。

・なぜWeb制作に中古パソコンがいいのか
・中古パソコンって大丈夫なの?
・Web制作向け中古パソコンの選び方

といった感じです。

では、いってみましょう!

Web制作ってWebデザインとWebプログラミングに分けることもできますよね。
というわけで、その2つに付いても分けて中古パソコンを選んでみたいと思います!

目次

Web制作に中古パソコンがいい理由

安い新製品より性能がいい中古パソコンの方が有利

Web制作って、PCの性能がいるんですよね。
けど新製品のパソコンに性能を求めると価格が高くなりがち。

その点、中古パソコンなら世代は前になりますが、中古の分性能が良いパソコンを狙えます。
パソコンって、パーツの性能のバランスができて、初めて性能を発揮できます。
今の安い新製品パソコンより、定価の高かった中古パソコンの方が性能がいいこともあるのです!

メモリーがたくさん出回っているので増設しやすい

新製品のパソコンより中古パソコンの方がメモリーが出回っていることがあるんです。
あまり古い中古パソコンは、逆にメモリーが出まわっていなくて、高かったりしますどね。

とにかく、メモリーの増設がしやすいく性能強化しやすいってわけです。

※ただし最近のノートPCはメモリー増設できません。気をつけましょう(;・∀・)

中古パソコンって大丈夫なの?

とはいっても、中古パソコンって不安ですよね?では、中古パソコンの不安を払拭していきたいと思います。

中古パソコンって壊れない?

中古パソコンって安いけど壊れないか心配ですよね?
ちゃんとした中古パソコン通販で買えば大丈夫ですよ。チェックやメンテナンスもしてあります。

それに万が一故障しても、通販の保証もあるから安心ですよ。
1ヶ月保証から3ヶ月保証が多いですが、6ヶ月や3年保証の所まであります。

ていうか、中古パソコンって、新品のPCと違って動作実績があるし、壊れやすいところは修理してある可能性があるので、逆に安心ですよ。
逆に新品の方が初期不良だったり、安定しないことが多いです。

中古パソコンってちゃんとしたの買えば賢い買い物なのです。

中古パソコンって汚くない?

こちらもちゃんとした中古パソコン通販で購入すれば大丈夫ですよ。
クリーニングも完璧にしてあります。

ただ、傷などはある程度はしかたないですね。中古ですもん。

中古パソコンって性能は大丈夫なの?

性能に関しては、値段と比例するので一概には言えませんが、ケチらなければ大丈夫ですよ。
ちょっと前の型落ちの中古パソコンが性能がいいのでおすすめですよ。

Web制作用中古パソコン選び方(Webデザイン・プログラミング共通)

デスクトップPCでもノートPCでもOK

WebデザインやプログラミングはPCの負荷がそんなにかからないので、デスクトップPC、ノートPCでもどちらでもOK。
けど、増設や性能強化しやすいですし、負荷に強いのでデスクトップパソコンがおすすめです。
カフェなどでWeb制作したい場合はノートPCになりますね!

※中古パソコンはバッテリーが保証外なことがほとんどなので、バッテリー使いたい場合は店を選んだほうがいいでしょう。

CPUは i5以上

CPUはWeb制作の入門と割り切るのならi3でもいいでしょう。
できればi5,i7がいいです(ノートPCの場合バッテリーが食いますが)

インテルじゃなくてAMDのCPUのRyzenなら○700の型番以上ですね。

ちなみにCPUの型番で世代がわかるので、世代もなるべく新しいものにしましょう。
CPUの性能はケチらないほうがいいですよ。

あと、PhotoshopはSSE4.2という命令に対応しているCPUでないと動かなくなりました。
intelのCore iシリーズなら大丈夫ですが、それ以外のintelまたは昔のAMDのCPUは対応していないので注意しましょう😊

メモリーがたくさんあること

メモリーはWeb制作では比較的たくさん必要です。
画像の編集ソフトがメモリー食う印象ですね。

入門なら8GB以上。
中級者以上の複雑なことをやるのなら16GB以上(32GBが望ましい)がいるでしょう。

けど、メモリーは追加できるので、足りなくなったら追加でもいいでしょう。
(空きスロットが必要です)

Webデザイン向け中古パソコンの選び方

解像度が高いこと

解像度もある程度高くないとダメです。
ノートパソコンでもフルHD(1920×1080)無いと厳しいです。

グラフィックのチップが別に載っていること(ノートPC)

ノートPCなら、グラフィックチップがCPUと別になってないとキツイですね。
廉価版だとグラフィックチップが入ってなく、グラフィック処理もCPUが兼任していることもあります。
そういう機種だと、画像編集時は難しいでしょう。

グラボはまずはいらない

とりあえずWebデザイン入門ということならグラボ(グラフィックボード)は必要ないです。

Webプログラミング向け中古パソコンの選び方

画像解像度はそれほど必要ない

Webプログラミングでは、Webデザインと違い画面解像度はさほど必要とされません。
けどフルHDあると嬉しいです。ウインドウを並べて比較やコピべなどができるからです。

全体的に性能は必要とされないが

Webプログラミングでは全体的に性能は必要とされません。
テキストベースで作業するので。

ですが、快適に作業するためにSSDはあったほうがいいかもです。

グラボはまずはいらない

とりあえずWebデザイン入門ということならグラボは必要ないです。

今回のまとめ!

こんな感じにお送りしてきましたが、イメージできましたでしょうか?
まずは、中古パソコン通販で物色してみるといいでしょう(笑)

Webデザイン・プログラミングスクールを厳選した記事もあるので、興味ある人はこちらも見ていただけると嬉しいです😀

[youto_list]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次