\ ポイント最大46倍! /

決定版!初心者向け中古パソコンの選び方!(2024年版)

目次

中古パソコン選び、初心者でも大丈夫!

あなたも中古パソコンの購入を考えたことがありますか?でも、どう選べばいいのか分からないところから始まってしまうのが中古パソコン選び。でも大丈夫、この記事を読むことで、初心者でも安心して中古パソコン選びができるようになるはずですよ。

お財布に優しい予算設定をしよう

まずは、予算の設定から始めましょう。中古パソコンって新品に比べてお手頃な価格で買えるのが魅力ですよね。でも、だからと言って予算を設定しないでいると、ついつい高価なものに手が出てしまうかも…。そうならないために、自分の予算を先に決めておくことが大切です。例えば、30,000円から50,000円くらいを目安にしてみましょう。

さらに、中古パソコンには保証がついていることも多いので、その保証期間や内容についても考えてみてください。予算に保証に関わる費用も含めておくと、後で困ることは少なくなりますよ。

スペックでパソコンの性能をチェック!

次に考えるべきは、中古パソコンのスペックです。スペックって何?と思うかもしれませんが、これがパソコンの性能を決める重要な要素なんです。

たとえば、一般的な作業をスムーズに行うためには、以下のスペックが最低限必要となります。

  • CPU: Core i3以上
  • メモリ: 4GB以上
  • ストレージ: 256GB以上

でも、もっと高度な作業を行いたい、または長期的に使いたい場合は、以下のようなスペックがおすすめです。

  • メモリ: 8GB以上
  • ストレージ: 512GB以上

ハードディスクとSSDについて理解しよう

ストレージについてもう少し詳しく見てみましょう。一般的にパソコンのストレージには、「ハードディスク(HDD)」と「ソリッドステートドライブ(SSD)」の2種類があります。これらはどちらもデータを保存するための装置ですが、その性能や使い勝手には大きな違いがあります。

ハードディスクは、大量のデータを保存できる点が最大の利点です。一方で、動作音がある、発熱が多い、動作速度が遅いなどの欠点もあります。また、機械的な部品を使用しているため、衝撃には弱いという特徴もあります。

一方、SSDは、ハードディスクよりも高速にデータを読み書きできる点が最大の利点です。また、動作音がほとんどなく、発熱も少ないので、快適に作業を行うことができます。ただし、ハードディスクに比べると価格が高めで、同じ価格ならば容量は少なめになります。

中古パソコンを選ぶ際は、これらの特性を理解した上で、自分の用途に合ったストレージを選ぶことが大切です。例えば、大量のデータを保存する必要がある場合やコストを抑えたい場合はハードディスク、高速な動作を求める場合はSSDを選ぶと良いでしょう。

中古パソコンの状態を確認しよう

そして、通販で中古パソコンを買う場合は、商品の状態をしっかり確認することが大切です。パソコンの内部の状態はもちろん、外観の状態もしっかりチェックしましょう。通販サイトでは商品のランクや画像を確認して、商品の状態を把握することができますよ。

通販のいいところは、店頭購入よりも商品の種類が豊富で、価格も安いことが多い点です。ただし、送料がかかることもあるので注意しましょう。一般的には、送料は500円から1,000円程度が一般的です。

まとめ

以上のステップを踏むことで、初めてでも中古パソコン選びが楽しくなるはずです。予算設定、スペックの考慮、商品状態のチェックというステップを踏むことで、自分にピッタリの中古パソコンを見つけることができます。

最後に、中古パソコン選びは始まりに過ぎません。選んだパソコンをどう使いこなすかが大切です。これからも中古パソコン選びの知識を深めて、最高のパソコンライフを楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次