「メモリー」とは、パソコンの一時的な作業データを保存するパーツ



メモリーとは、いったい何なのでしょうか?
「目盛り?」なにかを計るのか?
「メモり?」なにかをメモするのか?
(あながち外れていない気がする(笑))

本当は何?


「メモリー」とは?

デスクトップPC用のメモリメモリーとは、パソコンの一時的なデータの記憶をするパーツです。
CPUの作業エリアのパーツとも言えるかな?

PCの電源を切れば、データは消えてしまいます。
ここがハードディスクと違う点です。

※CPUの作業エリア:もちろん電気的な作業エリアですよ。

メモリーの特徴

形は長細い基板にLSIが何個か乗っかっているイメージ。

メモリー外観もうむき出し!の基板です。
チップが何個も載ってますやんって感じ。
大きさは本の付箋ぐらいです。

メモリーは、取替ができます。

メモリースロット外観メモリーにはPC側に「メモリースロット」というのがあり、そこに挿しこみます。
ということは差し替えもできるってことですよ。
空いているメモリースロットがあればもう一枚挿すことができますよ。

メモリーのデータ容量の単位はGB(ギガバイト)。

メモリーは格納できるデータ容量が重要。
その単位をGBで表します。
数が大きいほど、多く記憶できるのです。

CPUの作業エリアなので、容量は多いほうがいいですよ。

一般的にメモリーは大きいほど、PCは早くなります。
PCの作業効率があがるんです。
メモリーが足りないと、ハードディスクでも一時的な作業をするようになります。
実はハードディスクくんは遅いんですよね。
たくさん記憶できますが。
だから、PCはとっても遅くなるんです。
メモリーがおおければ、そういう可能性が少なくなるので速いままでいられるのです。

中古パソコンとメモリー

中古パソコンのメモリーを見るポイントは容量。
容量さえある程度?保できれば、CPUは快適に動きますから。
目安としては、少なくとも2GB、余裕があれば3GB以上欲しいところです。
まぁ、予算との兼ね合いですけどね♪
※2015年現在


管理人Roadの欲しい中古パソコン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク