「デスクトップパソコン」は、モニターが別のタイプのPCのこと!【中古パソコン用語】

デスクトップパソコンとは、一体何なのでしょうか?
おわかりですか?
言葉は聞いたことくらいはありますよね?
デスクトップパソコン」って言うくらいだから、パソコンの一種のことということはわかります。

あとは「デスクトップ」って言うくらいだから、「机の上」が関係ありそうです。
そう、デスクトップパソコンは、デスクトップに置くような大きなタイプのパソコン。

本体・モニター・キーボード・マウスなどが別々になっているタイプです。
ノートパソコンの反対ともいえます)

目次

デスクトップパソコンの特徴をまとめてみた

デスクトップパソコンはノートパソコンとくらべて次のような特徴がありますよ。

デスクトップパソコンの長所!

  1. 性能がいい。

ノートパソコンとくらべて性能がいいですよ。
大きめの本体なので

  1. パーツを増設・交換しやすい。

同じく本体が大きいのでパーツの増設・交換がしやすいです。

  1. 大きいモニターに繋げは大画面!

モニターは別なので、いろいろなモニターを選べますよ。
日替わりでモニターを変えて、リフレッシュ♪なんてことも??

  1. 不測の故障に強い!

デスクトップパソコンなら、不測の故障に強いですよ。
たとえば、「あら、キーボードにカップラーメンをこぼしてしまった!」ていう事態。
ノートパソコンなら、本体の故障の可能性まであります。
しかしデスクトップパソコンなら、本体は大丈夫ですし、交換としてもキーボードだけでOKなのです。

  1. 性能が安定している

ノートパソコンに比べて余裕がある設計がしてあるので、性能が落ちにくいですよ。

デスクトップパソコンの短所!

  1. 持ち運びできない

デスクトップパソコンは、外出先でちょっと使う…ということはできません。
持ち運ぼうと思えば持ち運べますが、車はいるでしょう(笑)

  1. 急な停電に弱い

ノートパソコンとは違い、バッテリーがないので急な停電に弱いです。
保存していないデータは消えちゃいますよ(^_^;)

  1. 場所をとる

ノートパソコンよりかなり大きいので場所がいります。
本体は、机の上でなくていいので置くところがあればいいですよ。
机の下や横とか。

 こんな用途はデスクトップパソコンがオススメ!

とにかく周辺機器とUSBでたくさん繋ぎたい!

デスクトップパソコンは、いろいろな周辺機器を活用しやすいです。
USBで接続できる機器なら、たくさん繋げますよ。
デスクトップPC自体にUSB端子がたくさんありますし、
USBハブを使えば、さらにUSB端子を確保できます。
ノートパソコンでもUSBハブを使えばたくさん接続できますが、
格好は良くないですよね。
せっかくのノートPCなのに(;´∀`)

音楽制作したい!

音楽制作は、PCのパワーを要求されます。
デスクトップPCは、ノートPCよりパワーがあるのでオススメです。
縦長のタワー型のデスクトップPCが一番です。
箱は大きくなりますが、性能を後で強化しやすいですよ!
DAWソフトを使う場合は、
オーディオインターフェースもちょっといいのを使うといいでしょう。
パワーを助けてくれますよ。

※DAWソフト:デジタル・オーディオ・ワークステーションの略。レコーディングやシンセの自動演奏ができちゃうソフト。ちなみに僕はStudioOneを使っていますよ(笑)

動画制作したい!

動画制作も音楽制作同様にPCパワーがいります。
タワー型のデスクトップパソコンがオススメ。
性能が物足りないなぁと思ったら、グラフィックカードを増設すればOKです。
あと、モニターも大きめの23インチ以上がいいと思います。

CADをしたい!

図面を描くCADもデスクトップPCがいいですよ。
今のPCだったらそんなにパワーは要りませんが、ノートPCの画面では小さいと思います。
デスクトップPCで出来るだけ大きなモニターがいいでしょう。
モニターを2台並べての作業もデスクトップPCならではです。

※CAD:図面を描くのに特化したソフト。無料のCADではJW_CADが有名。

こんな人にデスクトップパソコンはオススメ!

持ち運びは考えてないが、とにかく性能重視!

同時期発売のPCならデスクトップPCが性能がいいですよ。
電源もデスクトップPCの方が余裕があるので、ハードな作業でも大丈夫。
ノートパソコンだと、電源が傷んじゃう場合があるのです。

ノートパソコンを持っているけど、もう一台PCが欲しい!

ノートパソコンがあるのなら、もう一台はデスクトップPCがおすすめ。
ノートパソコンが故障しても、デスクトップPCにノートPCのハードディスク
つないでデータ退避もできますよ。
ていうか、ノートパソコンとデスクトップPCでは得意なことが違うのです。
この2つがあると何かと便利ですよ♪

外付けモニターを使って作業がしたい!

モニターはとにかく大きいほうが作業はしやすいでしょう。
視界に収まらないくらい大きいのは考えものですが(笑)
ノートパソコンでも外付けモニターは付けられますが、
だったら最初からデスクトップPCの方がいいんじゃないかな?と思います!

家族で使うパソコンが欲しい!音楽・動画制作をしたい!

家族で使うのなら、デスクトップPCがいいでしょう。
キーボードなども汚れやすいですし。
デスクトップPCなら、キーボード、マウスが別々なので、
汚れたりこぼしたりしても被害が少ないですよ。

中古デスクトップパソコンの選び方

本体は多少汚くてもOK!

デスクトップPC本体は、机の下などにしまってしまえばいいのです。
電源スイッチやDVDドライブがさわれればOK。
そうすれば、PC本体は目につかないので汚くてもいいですよね!

CPUは、Core i5以上の機種を狙え!

せっかく性能に余裕を持てるのですから、CPUはちょっといいのを選びましょう。
デスクトップPCなのに、性能がノート並みとかありえません!
主なCPUは、性能の良い順でCore i9、i7、i5、i3、Celeronがあります。

とりあえずCeleronはやめておいてください。
安いけど、それなりの性能ですよ。

Core i5以上がおすすめです。せっかくデスクトップPCなので、性能の低いCPUはもったいないです。
長い目で見ると、良いCPUにしておいたほうが長く使えるのでお得ですよ。
余裕があればCore i5以上などがいいです。

OSは、Windows7がオススメ!

Windowsは、Windows10または11をおすすめします。
まぁ、ほとんどの中古パソコンはこの2つのどちらかですけどね(笑)

メモリー8GB以上、ハードディスク250GB以上!

大雑把なスペック目安は、メモリー容量8GB以上、ハードディスク容量250GB以上です。
ハードディスクは、そんなに使わないPCならもう少し容量少なくてもOK。
ていうか、ハードディスクよりSSDを搭載したPCを狙いましょう。
速さがかなり違いますw

メモリーは、最低8GBです!余裕があれば16GB以上を狙いたいです。
これだけあれば快適に使えるでしょう。

モニターは、別売りがオススメ。

PCは、多少汚くてもOKと言いましたが、モニターはキレイにしましょう。
モニターは、いつも目にするのでキレイだと、新品のPCを使っているみたいですよ^^

「デスクトップパソコン」のまとめ!

今回の記事はいかがでしたか?
デスクトップパソコンは、持ち運びができないけど、性能が期待できます。
ノートパソコンと組み合わせて使うと、快適なPCライフになりますよ!
では、また♪

※デスクトップパソコンが気になっていますか?では、こちらのページがオススメになっています^^

他の中古パソコン用語の記事一覧です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次