「DVDコンボドライブ」とは、DVDドライブの一種で…


こんにちは!中古パソコン大好きなRoadです。
今回は、中古パソコン用語の「DVDコンボドライブ」についてご紹介、深掘りしてみます!
では、いってみましょう♪

DVDコンボドライブって?

DVDコンボドライブとは、DVDドライブの一種。基本的には複数メディアに対応したDVDドライブのこと。
普通はCD-R/RWの書き込みとDVD-ROMに対応しているDVDドライブのことをいいます。

DVDコンボドライブのヒント

それでは、DVDコンボドライブの特徴をみていきましょう。
どんなDVDドライブかわかれば、理解ができるのではないでしょうか?

  • CD系メディアは、CD-R/RWの書き込みができます
  • もちろん、CD-ROM、音楽CDの読み込み・再生もOK
  • DVDメディアは、DVD-ROMだけ対応

ということです。
乱暴なまとめ方をすると、CD系は読み書き、DVD系は読み込みだけ対応したドライブってことですね。

関連記事

30kaiteki.com/faq_no-insert-disk.html/

DVDコンボドライブの種類

DVDコンボドライブには種類がありません。
(若干読み書きできるメディアの種類に差がある時もあります)

差があるとすれば、書き込み・読み込み速度、そして書き込みの安定が違います。
やっぱり高いDVDコンボドライブは、CD-R/RWの書き込みに失敗しにくいですよ。
やっぱ、世の中カネです。
(そー言う話なのか?(笑))

中古パソコンとDVDコンボドライブ

中古パソコンは、DVDコンボドライブがついているか、ついていないかしか選べません。
なので、必要あれば、DVDコンボドライブが付いている機種を買うのみです。

ていうか、今はDVDマルチドライブの機種が多いんじゃないかな?
1万円くらいの中古デスクトップPCは、DVD-ROMがついているみたいです。

こんな人は、DVDコンボドライブ

  • PCでDVDを観たい!
  • 基本的にCDの読み書きができればいい!
  • DVDを焼く予定がないので、中古パソコンの予算を抑えたい!

DVDコンボドライブのまとめ!

今回のDVDコンボドライブの記事はいかがでしたか?
DVDコンボドライブって中途半端な機能なので、今はあまり見当たらないかも。

では、またお会いしましょう♪


管理人Roadの欲しい中古パソコン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク