「WindowsXP」とは、一番使われていた?OS


「WindowsXP」とは?

WindowsXPは、2001年発売のWindows。少々古いOSですが、使っている人が多いOS。
MicroSoftの公式サポートが2014年で切れてしまうのが痛い!
セキュリティー的にお勧めできないっす。            
中古パソコンにちょうどいい感じのOSでしたけどね。

WindowsXPの特徴

2013年現在、まだ多くのPC使われているロングセラーWindows。
中古パソコンでも最近まで多くに搭載されていた人気OS。
画面は、今風ではないです。。。
多くのPCで使われてきたので、安定度が高いです。
2014年で公式サポートが切れてしまうので、セキュリティー的にオススメできません(;´∀`)

主なWindowsXPの種類

Home Edition

家庭向けのWindowsXP。
1番基本的なエディション。
通常は、Home Editionで十分っす!

Professional

Home Editionの上位エディション
マルチプロセッサ対応、ドメインへの参加、
リモートデスクトップのホスト機能なのがあります。
…がよく分からないですよね(笑)
僕もProfessional版のPCがありますが、Home Editionと違いがわかりません(;´∀`)

Media Center Edition

テレビやデジタルオーディオに特化したWindowsXP。
Professional版が進化した感じです。
うーん、けどマイナーなエディションですよ(;´∀`)

Tablet PC Edition

Professionalの機能にペンタッチ機能を搭載。
当然、専用ペンが必須です。
タブレットPCを想定したバージョンです。

64ビット版

WindowsXPは、基本32ビットで動いています。
64ビット版は、64ビットPCに対応させたエディション。
一般向けではないです。。。

64-bit Itanium Edition

Professional x64 Edition

WindowsXPの選び方(中古パソコン編)

中古パソコンでのWindowsXPは、Home Editionで十分です。
よっぽどマニアックな使い方でない限りは。

しかし、前にも書いたとおり、サポート終了によって使うことはオススメできません。
Windows7を使うか選ぶようにしましょう!


管理人Roadの欲しい中古パソコン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク