「CPU」とは、パソコンの頭脳的パーツなのです【中古パソコン用語】

このぺーじでは中古パソコン用語の「CPU」についてゆるく解説しています。
かなり語弊のある解説ですが、初心者向けということで許してくださいな(^o^)
では、いってみましょう♪



「CPU」とは?

CPUとは、何なのでしょうか?
それは、「パソコンの心臓部…というか頭脳」。

パソコンの中で、データの計算や処理をしているパーツです。
まぁ、一番の中心パーツみたいな感じです。

で、最近のCPUは、1つのCPUでCPU2つ分以上の処理ができる「マルチコア」になっているのが特筆事項ですよ。
(説明は後述)





CPUの特徴は?

・パソコンの頭脳です。
・見た目は、切手の一回り大きい位の平らで四角いプラスチックの物体。
・底面は金属製の足が何十本も。
・CPU1個に2つ以上の頭脳が入っている「マルチコア」主流。
・メーカーはだいたい「インテル」。ちょっとマニアックさんは「AMD」※1
大変熱い奴なので、動作中大変熱を持つ。CPUシンク、CPUファンという放熱器が欠かせない。※2

(※1):ちなみに僕は自作PCの時はAMD派です。なんか2番めとか応援したくなっちゃいます(笑)
(※2):PCパーツ界の松岡修造という説もあり



コアとスレッドのお話

今のCPUには「コア」と「スレッド」という考え方があります。
どちらも同時にどれだけ処理できるかということになります。


まずコアは、物理的にCPUの脳がいくつもある感じですね。
2コアなら、一人に見えるけど2つ脳がある。
8コアから、一人に見えるけど8つ脳がある…。
(想像したら気持ち悪い(笑))

だから、同時に計算などがたくさんできるのです。


そして、スレッドは、1つの脳(コア)でさらに並列に命令を処理できるようにしたもの。
それがマルチスレッド。

つまり8コア16スレッドなら、一人に見えて脳が8個あり体が16(コア数の倍)ある…
いやいや、この例え間違えた(笑)
まぁ、マルチスレッドのことがよく分かる動画があったので、これを参考にしてください(笑)






主なCPU

2015年現在、中古パソコンに搭載されていそうなCPUを解説しまっす!

Core Duo/Core 2 Duo

2006年発売のデュアルコアCPU。
現在の中古パソコンにはココらへんが多く搭載されていますよ。
メモリーさえ十分なら、今でも使えるCPUですよ。
まぁ、動作周波数が違うと若干スピードが変わってくるので、絶対大丈夫とはいえませんけどね。
ちなみに僕が持っているThinkPad X60がCore Duoです。

Core i3

2010年発表のデュアルコアCPU。
いわゆるCore iシリーズの廉価版。

Core i5

2009年発表の2コア、4コアCPU。
一般的な中古パソコンでも搭載されていることも。
メモリーが十分なら、サクサクな印象ですよ。
ちなみに僕の持っているノートパソコンThinkPad X201がCore i5です。

Core i7

2008年発表の2コア~8コアCPU。
Core iシリーズの最上位?CPU。
ハイエンド向け。
一般的な中古パソコンでもありますが、お値段は高め。




中古パソコンとCPU

デュアルコアCPUの中古パソコンを狙え!

中古パソコンをCPUで選ぶのなら、まずマルチコアCPUのPCを狙いたいところ。
しかし、普通の用途なら、デュアルコアで十分。
そんなに価格も高くないので、デュアルコアCPUの中古パソコンをゲットしましょ!

CPUの動作周波数は?

CPUの速さを表す、「動作周波数」。
単位は「Hz」。
このHzの数字が大きくなればなるほど、CPUは速くなります。

以前は結構絶対的な目安でしたが、今は参考程度となります。
今は、コア数やスレッド数が多いほうが有利だったりします。

ちなみにCPUの性能よりもメモリーの容量がパソコンの性能に直結しますよ(^^)



「CPU」のまとめ!

今回のCPUの専門用語解説はいかがでしたか?

CPUは、パソコンの脳みそであります。
そして、今のCPUは、たくさんの情報を同時に何個処理できるかが重要になっています。

というわけで、今回の記事を活かして中古パソコン選びをしてみてくださいね!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク